読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

grenelle165's blog

ふと考え、感じたことをできるだけ素直に綴りたいとおもいます

上咽頭炎・後鼻漏って本当にツライですよね

健康・ウェルネス

お陰さまで、私は概ね元気で、大きく体調を崩すということはほとんどありません。でも一つだけ悩まされている症状があります。

咽頭炎と後鼻漏です。

高校生の頃から、年に1回か2回、風邪をひくのですが、ほとんど毎回「上咽頭炎」にかかります。これ以外の風邪にはかからないと言ってよいくらいです(1年ほど前に人生初のインフルエンザにかかったのが、本当に久しぶりの高熱経験でした)。

咽頭炎にかかってすぐに治らないと、副鼻腔炎になって顔面が痛重いわ、痰がのどにそのまま落ちて咳が止まらないわ(眠れません。昼間も咳きこんで仕事にも相当な支障が出ます)、喉の奥まで炎症が広がってガビガビ痛むわで(食事やつばを飲み込むだけでアウト~!)、話す気力もなくなり、熱が出なくても本当にツライのです。

最初は鼻とのどの間くらいがピンポイントでチクチク、イガイガする程度なのが、気が付くと(意外に短時間で)色々なところに飛び火して、同時多発的に苛まれる・・・そんな厄介さが本当にたまりません。

年末年始も、思い切って事務所の休みを長くし、10日ちょっと日本に戻ったのですが、疲れが出たのでしょうか。帰国中はほとんどこの上咽頭炎で、せっかくの日本のお正月を棒に振ってしまいました・・・トホホ

耳鼻咽喉科で処方してもらう定番の薬(炎症止め、鼻水を止めるアレルギー薬、抗生物質、頓服薬)が効いて、3日ほどで症状が収まることもありますが、これでダメだと一週間から10日コースです。毎日、上に書いたような症状に悩まされます。

こういう症状の風邪をひく人が周りにいなかったので、昔は「自分は体が弱いんじゃないか」「抵抗力がないんじゃないか」などと一人で悩みましたが今はインターネットの時代。症状の苦しさを紛らすつもりでいろいろ検索すると、急性、慢性に限らず、悩まれている方が意外に多いことがわかりました。

色々な対処法があるみたいです。例えばこんな感じです。

私はまだどちらも試したことはありませんが、効果はありそうですね。

 ・機器を使った温熱治療

上咽頭炎の症状と治し方

上咽頭炎や鼻咽腔炎の症状を自分で治療する知恵ノート - Yahoo!知恵袋

・鼻うがい

名古屋・昭和区の耳鼻科・高木耳鼻咽喉科医院

 

あと、東洋医学の観点からは、原因(熱?冷え?どの臓器が弱っているかなど)や体質などで対処法が変わってくるようです。こじらせた場合、私は東洋医学漢方薬と鍼治療)の方が合っているらしく、今回もお世話になりました。

後鼻漏(こうびろう)と漢方 | 漢方百科 ~不妊・冷え性・アトピー性皮膚炎・皮膚病などの悩み~ 漢方のイスクラ薬局(東京)

 

私の場合は、上のリンクでのタイプ別分類のうち、②風邪侵入 (病原菌やウィルスの侵入)タイプが多いようで、漢方薬局で問診してもらったところ「鼻淵丸」と「辛夷青肺湯」を処方してもらいました。「鼻淵丸」は2年ほど前に上咽頭炎が長引いた時も飲んだ薬ですが、ペアで処方された薬は違いました(「小青龍湯」だったと思います)。症状・体調(舌なども見て判断)によって細かい判断があるので、素人が勝手に判断するのは避けたほうが良さそうです。

今回も、体を休めつつ、食事のとりすぎにも気を付けお酒も飲まず(年末年始なのに残念!でも、胃腸の弱りは回復の妨げになるので仕方ありません)、鍼とか(胃腸に熱がこもり便秘になっていて、その胃腸の弱りが肺の経絡を通じて鼻とつながっている・・・という説明でした。なかなか面白いですね)、足湯とか色々試しつつ、最後は漢方薬で少しずつ良くなっていきました。

風邪の原因は様々ですし、体質などにもよるので、特効薬としてご紹介するつもりはありませんが、長年の上咽頭炎・後鼻漏体験によると、長引いたときは「鼻淵丸」が効果があるように思います。

名古屋の先生(上のリンク)「謎の病気」とまで仰ってますが、上咽頭炎は意外に厄介で、いわゆる西洋薬で治ってしまう時と、まったく効く気配がない時もあります。場所的に認識しにくいのか、病院に行って症状を説明し、診察しても先生がいまいちピンとこず、適切な診療を受けられないこともあります。

その割には、症状自体はなかなかツライですし、いつも何とか早く治らないかなぁと思わずにはいられません。

以上、上咽頭炎・後鼻漏を天敵にされている皆さんのご参考になれば幸いです。

今年はもうかかりませんように・・・祈