grenelle165's blog

ふと考え、感じたことをできるだけ素直に綴りたいとおもいます

サハラ砂漠を越えて

コートジボワールに来てはや一か月以上。
まだ住む家も決まらず、ホテル暮らしの徒然に、アビジャンに来た当日のことを思い出しています。

パリ・アビジャン間は毎日一往復していますが、その日のフライトは文字通りの満席。

2000年代の政治的混乱がひとまず収束し、コートジボワールが政治的に安定して以来、特にビジネスマンの往来がかなり増えたとのことです。

かくいう私もその一人。

ビジネスクラスを通り抜けたとき、日本でもおなじみの経済学者、トマ・ピケティの顔も見えました。なにか、仕事でしょうかね。

フライトは時間が過ぎても動く気配もなく、しばらくたってから、(例によって)特に悪びれる風もなく「1時間ほど遅れる予定」とのアナウンスが入ります。

私の周りはほとんどコートジボワール人のようでしたが、出発が遅れる間、さほどストレスをためる風もなく、自由に席を移動しておしゃべりしています。私の隣に座ったivorienne(イヴォワリエンヌ=コートジボワール女性)もとても気さくで、私にいろいろと話しかけてきます。聞くと、機内に知り合いが多いようで、私に話しかけてくれたと思えば、すぐ席を移動し、おしゃべりに花を咲かせています。

そのうち、フライトはようやく滑走路にむって動き出し、ivorienneもようやく座席に戻ってきました。私の読んでいた本を興味深く眺めながら、「それは日本語?どっちから読むの?縦読みなんて見たことない!」と目を輝かせます。

パリのシャルル・ドゴール空港を1時間遅れで発った飛行機は、一路、コートジボワールアビジャンを目指します。

空の旅は普段はほとんど寝ているか、動きやすい通路側の席を取ることが多く、あまり外は見る機会がないのですが、今回は窓側。

飛び立ってしばらくは、フランスの田園風景。

水たまりがハート型に見えるのがなんとなくフランス風。

f:id:grenelle165:20151014074753j:plain f:id:grenelle165:20151014074935j:plain

しばらくすると、場所はわかりませんが地中海に出ました。穏やかな水面。
岸に沿って一艘の船が滑り、かすかな航跡を描いています。

f:id:grenelle165:20151014075109j:plain

やがて島影が。マヨルカ島

f:id:grenelle165:20151014075228j:plain

 

雲が山脈のよう。

f:id:grenelle165:20151014072620j:plain f:id:grenelle165:20151014072826j:plain

 

いよいよアフリカ大陸へ。アルジェリアでしょうか。

アトラス山脈には小さな湖も見えましたが、やがて大地は少しずつ乾きはじめます。

f:id:grenelle165:20151014072955j:plain f:id:grenelle165:20151014073109j:plain

 

どこの町でしょうか。どんな人たちが暮らしているのでしょうか。降りてみたいです。

f:id:grenelle165:20151014073338j:plain

 

そしてサハラ砂漠のど真ん中へ。

恐竜の背骨のような砂漠の尾根が続いたと思えば、一年に数度もないであろうにわか雨が作ったと思われる水の流れ。

f:id:grenelle165:20151014073519j:plain f:id:grenelle165:20151014073636j:plain

 

そして砂、砂。茫漠たる砂の大地。

f:id:grenelle165:20151014071258j:plain  f:id:grenelle165:20151014071630j:plain

 

定番ですが、「砂漠が美しいのは、どこかに水をかくしているから」という『星の王子様』一節がふと頭をよぎります。

f:id:grenelle165:20151014071839j:plain

 

食い入るように砂漠を見つめていると、隣のivorienneが「よくまあ、そんなに写真撮るわね」と笑いながら話しかけてきます。

そのうち、ワインが少しずつ回り始めてウトウトしてしまいました・・・

どれくら経ったでしょうか。瞼を刺すような光を感じて目を開けると、夕暮れが近づいてきました。

f:id:grenelle165:20151014074031j:plain

いよいよ、アビジャンに着陸です。

飛行機が徐々に高度を下げると、ラグーン(干潟)と緑の森にに囲まれた街の明かりが見えてきました。 

f:id:grenelle165:20151014074309j:plain f:id:grenelle165:20151014074453j:plain

先ほどまでの一面の砂漠がうそのようです。

たった数時間前までパリにいたことや、二日前まで東京に住んでいたことも夢のようです・・・

f:id:grenelle165:20151014074626j:plain