読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

grenelle165's blog

ふと考え、感じたことをできるだけ素直に綴りたいとおもいます

スロヴェニアへの旅【Part 4:高速トロッコでめぐるポストイナ鍾乳洞】

スロヴェニアは6,000以上もの鍾乳洞があるという、知られざる「洞窟の国」です。

それぞれの規模などはわかりませんが、スイスの約半分、四国ほどの面積にこれほどの数の鍾乳洞がある国は他にないかもしれません。

リュブリャーナの南西約30㎞に位置するポストイナには、ヨーロッパ最大規模(全長約27㎞!)の鍾乳洞があります。

スロヴェニア滞在3日目は、この鍾乳洞の見学に行ってきました。

例によって、リュブリャーナ駅前からバスが出ます。黄色とクリーム色の駅舎に青空が映えます。

f:id:grenelle165:20150720232254j:plain

約1時間でポストイナのバスターミナルに到着。そこから鍾乳洞までは徒歩で向かいます。春の暖かな日差しが優しく背中を押してくれます。

f:id:grenelle165:20150720232446j:plain

f:id:grenelle165:20150720232603j:plain f:id:grenelle165:20150720232623j:plain

f:id:grenelle165:20150720233515j:plain f:id:grenelle165:20150720233529j:plain

20分ほどで入口に到着。

f:id:grenelle165:20150720233552j:plain

謎のスポーツカーたち。

f:id:grenelle165:20150720233605j:plain

鍾乳洞内はツアーに参加して見学します。所要時間は1時間半ほど。

まずはトロッコに乗って洞窟内をひた走るのですが、トロッコの作りがかなり頼りない割に、かなりのスピードが出ます。カーブもいくつかあり、確かすれ違いもあったと思います。「花やしき」のジェットコースター的なスリルが味わえます。

我々の前にはイタリア人のおじさんが座っていました。確かトリエステあたりから来ていたと思います。スロヴェニアから近いので、この日もイタリア人の観光客がかなりいたようです。

f:id:grenelle165:20150720234014j:plain f:id:grenelle165:20150720234040j:plain

f:id:grenelle165:20150720234053j:plain

f:id:grenelle165:20150720234254j:plain f:id:grenelle165:20150720234312j:plain

f:id:grenelle165:20150720234335j:plain

 

鍾乳洞はあまり行ったことがないので他と比べられないのですが(初めてではないはずですが、日本でも行ったかどうか、記憶が定かではありません。フランスのラスコーⅡには行きましたが、あれはレプリカです・・・)、ここポストイナでは、奇岩あり、急流あり、地底湖あり、さらにはかなり大きな空洞のスペースもあり、地上とあまり変わらないような地形のバリエーションが楽しめます。

鍾乳石も、よくあるツララのようなものから、ものすごく細いスパゲティ状のものや、(ある意味)ウェディングケーキのようなもの、どこか動物に似たような岩まで、じっくり見ているとまったく飽きません。

f:id:grenelle165:20150720234455j:plain

f:id:grenelle165:20150720234505j:plain

f:id:grenelle165:20150720234510j:plain

しかし、こういう奇岩が、何万年もの歳月をかけて作られたと聞くと、それだけでもう気を失ってしまいそうな気がします。月並みですが、時空を超えた芸術というか、人間の時間感覚では把握することすら困難な自然の営みです。

f:id:grenelle165:20150720234518j:plain f:id:grenelle165:20150720234528j:plain

何だったか忘れてしまいましたが、洞窟内に生息する両生類か何かの水槽です。ガイドさんの説明も、正直、よくわかりませんでした。

f:id:grenelle165:20150720234540j:plain f:id:grenelle165:20150720234547j:plain

見学を終えて、ビジターセンターのカフェで休憩。

f:id:grenelle165:20150720234612j:plain

行きには気づきませんでしたが、驚きの日本語表示!Nasvidenje!(ナスヴィーデニェ!)

f:id:grenelle165:20150720234620j:plain

正直、鍾乳洞にはもともとさほど興味があったわけではありませんが、ここでは(無駄に!)スリリングなトロッコも含め、かなり楽しむことができました。観光客が多い割に、特段、商業的な雰囲気も感じず、必要な施設が過不足なくあるというシンプルさにも共感をおぼえます。ツアー開始時間にあれだけ並んでいた観光客も、終われば一斉にいなくなります。日本的な感覚からは、淡々としすぎていてちょっと寂しい感じもありますが、環境保全の観点では、施設自体はこの程度でいいのかもしれません。

いずれにしても、好天にも恵まれ、なかなか気持ちの良いエクスカーションになりました。