grenelle165's blog

ふと考え、感じたことをできるだけ素直に綴りたいとおもいます

玉前神社から鴨川へ

先週末は一泊で南房総鴨川まで行ってきました。

学生時代や、就職後間もない頃は、大勢で九十九里の方に何度か来たことがありますが、南房総旧国名で言うと「安房」ですね)の、しかも外房方面には行ったことがありませんでした。

今回は、月曜日に年休を取り、日、月でのんびりと、しかも電車で来たので、そんなにあちこち訪れてはいませんが、それでも十分、充実のひとときとなりました。

東京から普通列車で、宿のある安房小湊を目指しましたが、途中、上総一ノ宮で降りて、関東屈指のパワースポットだという玉前(たまさき)神社にお参りしました。

詳しい由緒や紹介はこちら。

上総国一ノ宮 玉前神社∥TOP∥

関東屈指パワースポット「玉前神社」で縁結び・子授け祈願! | 千葉県 | Travel.jp[たびねす]

 

石の鳥居前には大きな「茅の輪」が。

昨年の同じ頃、宮城の塩竃神社で小さな茅の輪を買ったのを思い出しました。

この後、輪を「左、右、左」の順に三度くぐってみました。

f:id:grenelle165:20150702234621j:plain

 

本殿にて。ちょうど大修理中でした。

f:id:grenelle165:20150702235624j:plain

 

境内には槙の木が数本。すっと伸びたきれいな木立ちです。

f:id:grenelle165:20150702235732j:plain

 

本殿の右手裏には、木に覆われた大きな塚があり、この周りを願い事を唱えながら裸足でまわると叶うとか。早速、まわってみました。砂利はやや大きめですが丸みを帯びているので全然痛くないです。

f:id:grenelle165:20150702235840j:plain

 

一時間程でお参りを終えて、安房小湊へ。途中の川べりで電車に手を振っている親子がいました。

f:id:grenelle165:20150702235939j:plain

 

安房小湊着。外房線が行き違います。

f:id:grenelle165:20150703000248j:plain

f:id:grenelle165:20150703000200j:plain

 

この日は、宿中屋さんに泊まりました。

宿中屋|浜辺の湯・浪漫の歌 宿 中屋|房総鴨川安房小湊の温泉旅館

宿の目の前はもう外房の海。部屋で少し休んでからすぐに近くの岩場に出てみました。

 

北方面。梅雨らしくあいにくの曇り空でしたが、雨は降らず何とか持ちました。私は基本「雨男」なので、多分、妻のパワーが上回ったのでしょう。

f:id:grenelle165:20150703001745j:plain

 

足下は海水のしぶき。小さいカニが数匹、岩に這いつくばっています。

f:id:grenelle165:20150703001827j:plain

 

岩場越しに鴨川市内方面。実は妻の撮影ですが、私よりもずっと上手です。 

f:id:grenelle165:20150703001951j:plain

 

夕食でいただいた鯛の煮付け。宿中屋さんは接客も食事も本当に素晴らしかったです。

f:id:grenelle165:20150703002121j:plain

 

食事の後はお風呂に浸かり、部屋の窓際でしばらく本を読んだりしてぼーっとしていると、あっと言う間に真夜中過ぎに。電気を消してカーテンを開けると、雲間に輝く月明かりと、鴨川市内の光が輝いていました。

真ん中の写真は、月が雲から顔を出した瞬間、界面にスポットライトのように光が射したときのものです。スマホのズームではちょっと限界ですね・・・本当はもっと神秘的だったのですが残念。

そうしているうちに、早朝の漁に出る船が月明かりの下、沖に出て行きました(右)。12時半頃から1時過ぎだったと思います。晴れていたら、一艘一艘の船の連なりがきれいに撮れたと思うのですが、この日はちょっと暗かったですね。

f:id:grenelle165:20150703002409j:plain f:id:grenelle165:20150703002444j:plain f:id:grenelle165:20150703002654j:plain

この時間から毎日、漁に出ている漁師さんたちには本当に頭が下がります。