grenelle165's blog

ふと考え、感じたことをできるだけ素直に綴りたいとおもいます

ゆったりと雄大な鳥海山

先ごろ、大学時代の友人の案内で、20年ぶりに鳥海山を訪れました。
週末の予定が急にキャンセルになったので、何をするか考えていたところ、ふと、ずっと前に訪れた庄内地方のことが頭をよぎりました。
ちょっと遠いし、交通費もけっこうかかるしなぁ・・・と、いったんはあきらめかけましたが、なぜか、このアイデアが頭から離れず・・・そこで、文字通り直前ではありましたが、鶴岡に住んでいる大学時代の友人に思い切って連絡をとったところ、喜んで会ってくれるとのこと。そこで急遽、人生初の夜行バスを予約し、庄内へと向かったのでした。

土曜の深夜に東京駅前を出たバスは高速道路を北にひた走り、4時ごろには最上川を越えて5時半には鶴岡に到着。しばらくして鶴岡駅まで迎えに来てくれた友人の運転で市内をゆっくりと回り、昼ごろ、鳥海山の麓までやってきたのでした。

若かりし20年前の夏は、新潟から角館までマウンテンバイクで走る途中でした。この日は優雅に車の助手席に乗っての訪問です。
訪れたといっても、昔も今回も、ふもとから眺めただけなのですが、今回、車のフロントガラス越しに遠目に鳥海山が見え始めたとき、初めてこの山を見た時の感動がじわじわと甦ってきました。

雪を抱いた山頂と、左右にゆったりと長く伸びた広いすそ野。とにかくゆったりと雄大で、スケールが大きい・・・山に詳しいわけではないので、決めつけるわけにはいかないのですが、ここまでスケールが大きく、眺めただけでも「懐に抱かれる」感覚になる山はなかなかないのではないでしょうか。  

f:id:grenelle165:20150620024648j:plain f:id:grenelle165:20150620024216j:plain

友人が連れて行ってくれたのは、遊佐町の月光川(がっこうがわ)にかかった橋のたもとで、ちょうど、映画「おくりびと」のロケ地の一つになったスポットとのこと。

f:id:grenelle165:20150620030556j:plain f:id:grenelle165:20150620030743j:plain

友人は高校生の時まで、下校の時にはいつも(方角的に)鳥海山に向かって歩く格好になったそうですが、この橋のたもとから見える鳥海山が一番きれいだそうです。いいですね・・・

故郷にこんなに素晴らしい山があるなんて、ちょっと、うらやましくなりました。

f:id:grenelle165:20150620213327j:plain

ところで、山を見た後は海沿いに向い、遊佐町の国道7号線沿いにある「道の駅」で軽く昼食をとったのですが、ここの充実ぶりはすごい!遊佐町近辺でとれた野菜や果物の直売所や、地魚を売る魚屋などが入っているのですが、中でも魚屋はその場で焼き魚や天ぷら、フライが食べられます。
カレイを食べたかったのですが・・・超人気で番号札制の順番待ちで、時間もなかったので断念。
代わりにイカの天ぷらやイカのつみれを食べてみたら・・・かなり美味しかったです。

f:id:grenelle165:20150620024317j:plain f:id:grenelle165:20150620024420j:plain

道の駅 鳥海「ふらっと」℡0234-71-7222 時間:8:30~18:00

お腹を満たした後は、駆け足で酒田の土門拳記念館や湯野浜の海岸を周りました。

f:id:grenelle165:20150620213533j:plain f:id:grenelle165:20150620213608j:plain

滞在わずか11時間でしたが、鳥海山はじめ庄内の美しさを実感した一日でした。