読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

grenelle165's blog

ふと考え、感じたことをできるだけ素直に綴りたいとおもいます

玉川大師「奥の院」と境内の羊

昨日の午後、二子玉川駅から徒歩20分ほどの「玉川大師」に初めて行ってきました。

f:id:grenelle165:20150126005253j:plain

ここは、本堂の地下にある「奥の院」で有名です。

本堂に入り、左手にある階段から地下に降りると、いきなり真っ暗闇の通路が続きます。右手でひんやりとした壁に触れながら、つまづかないように恐る恐る進むと、所どころ、灯りとともに石像や壁画が現れます。さらに暗闇を抜けて進むと、通路の左右に石仏がズラリ!何と300体ほどあるそうです。さらに奥にはお釈迦様の涅槃像や弘法大師の立像もあります。壁には天女の彫像もかかっていました。

涅槃像の前で手を合わせ、個人的な願い事をしようとして、イスラム国に拘束されている後藤さん(と亡くなった湯川さん)のことがふと頭をよぎりました。事態は予断を許しませんが、後藤さんには何とか無事に戻ってほしいと強く願いました。

この「奥の院」、地下の通路は狭く、真っ暗闇の部分も長いですが、意外に怖さや圧迫感は感じません。むしろ、暗闇に「包まれている」「抱かれている」という感覚でしょうか。。。不思議な安心感がありました。

いずれにしても、これほど多くの「仏様」に囲まれることができる場所は他にないでしょう(少なくとも東京では)。今回は妻と二人で来たので、暗闇でも気がまぎれたのかもしれません。次はあえて一人で来て、どんな感覚になるか味わってみたいと思います。

<リンク>

http://www.tesshow.jp/setagaya/temple_seta_gyokushin.html

http://matome.naver.jp/odai/2140228124604056701

 

f:id:grenelle165:20150126011918j:plain

ところで、玉川大師の境内には石の羊が二匹います。

ちょうど、本堂の右手の通路を入った所、左右にいるのですが、これはどういう意味なんでしょうか・・・

f:id:grenelle165:20150126011953j:plain f:id:grenelle165:20150126012121j:plain

今年の干支は羊なので、今日、思いがけず羊に出会えたのはめでたいと勝手に信じています。

 

f:id:grenelle165:20150126012322j:plain

帰りがけに二子玉川商店街から見上げた空。

 

f:id:grenelle165:20150126012401j:plain

  小さな三日月がくっきりと見えました!