grenelle165's blog

ふと考え、感じたことをできるだけ素直に綴りたいとおもいます

フェリーで鋸山へ!

私はもともと旅が好きで、国内ではほぼ全ての都道府県をプライベートで訪れたことがあります。

一方で、東京近郊、特に都内と出身地の神奈川以外に、休みで出かけたことがほとんどありませんでした。

日光、9月に出かけた川越、鬼怒川や水上など北関東の温泉。

昔、会社の同期と一緒に遊びに行った九十九里浜、富津の海岸(潮干狩り)・・・

学校や仕事の「用事」以外で出かけたのはこれくらいでしょうか。

でも、千葉や埼玉、北関東にも、自分が知らないだけで面白い場所は色々とあるはず。しかも最近は仕事も忙しく遠出も難しいので、しばらくは半日~日帰りで東京近郊のお気に入りの場所やルートを開拓しよう!

ということで、先日、前から気になっていた「東京湾フェリー」で、南房総の鋸山に行ってきました。

なぜか。一つは、久々に船に乗りたいと思ったこと(甲板に出ても寒くないうちに)。それから、海岸線と山が一望できる高いところに行きたかったこと。そして、時間があれば、美味しい魚を食べたいと思ったからです。

その日は、まず、蒲田からJRで久里浜へ!

横須賀線は私にとって馴染み深いのですが、実は、逗子より先に行ったことがありませんでした。

というわけで、人生初の久里浜駅下車!ちょうど昼過ぎに着いたので、何の考えもなく、久里浜で昼食を済ませてからフェリー乗り場に向かうことにしました。

特に調べもせず、京急久里浜駅前のアーケードを抜けたところで見つけた韓国料理のお店に入りました。韓国の方が経営しているようで、お店はかなり本場の雰囲気(写真にはないですが韓国焼酎や高麗人参の容器がズラリ)。テレビも字幕なしの韓流ドラマでした。

久々のユッケジャン、美味しかったです。

 f:id:grenelle165:20141109111029j:plain

・・・が、熱い!猫舌の私は食べるのに予想以上に時間がかかり(アホです・・・笑)、気がつくとフェリーの出発まであと25分。急いで会計を済ませてフェリー乗り場に向かいましたが、これが以外に遠くて焦りました・・・浜まで頑張ってたどり着くと、乗り場はすぐ向こうに見えるのですが、港をぐるりと回らなければならずなかなかたどり着きません・・・ホームセンターを越えてさらに走り、やっとの思いでターミナルに駆け込むことが出来ました。

f:id:grenelle165:20141109024000j:plain

切符を買い(大人片道720円)、汗をぬぐいながら乗船すると、お客さんはそれほど多くなく、ほとんどがマイカーの家族連れか、ツーリング中のライダーでした。午前中だともっとゴルフ客などもいるのかもしれません。

あいにくの曇り空で、風もやや肌寒い陽気でしたが、早速、甲板に出てみるとまもなく出航。

対岸の金谷までは11.5km、約40分という距離なので、久里浜港からは対岸の房総半島がはっきりと見えます。

出航するとかもめが船を追ってきます。最初は間近にかもめが舞う光景を無邪気に喜んでいたのですが、ズバリ、乗客がくれるエサ(お菓子)が目当てのようです。女の子たちが差し出すカッパエビセンに器用に飛びついてきます。

 f:id:grenelle165:20141109024132j:plain f:id:grenelle165:20141109024333j:plain

良く考えれば、かもめが船や人間に訳もなくついてくるはずなどないですよね・・・

かもめの上空には、一回り大きいトンビがエサを狙って虎視眈々。乗客が投げて、かもめが撮り損ねたえびせんを、海面スレスレで見事にキャッチする姿を何度も見かけました・・・すごい運動神経です。

ガッついている鳥たちの姿にも飽きたので、少し遠くに眼を向けると、さすがは「海の銀座」と呼ばれる浦賀水道。たくさんの船が行きかいます。ほとんどが貨物船や漁船、我々の乗る旅客フェリーですが、時々、ヨットの姿も見かけます。

f:id:grenelle165:20141109024757j:plain

f:id:grenelle165:20141109024834j:plain

すれ違う同型のフェリー。奥のほうには、横浜や東京、千葉の高層ビルのスカイラインがかすかに見えます。

 f:id:grenelle165:20141109025214j:plain

やがてフェリーは、鋸山を正面にとらえ、程なく金谷港へ。

f:id:grenelle165:20141109025406j:plain

ターミナルは久里浜よりも大きく、多くのライダーや家族連れでにぎわっていました。

ターミナル内や、外に出たところにもレストランがあり、既に午後3 時でしたが、かなりにぎわっていました。ユッケジャンを食べたことを一瞬、後悔しましたが、鋸山の後にぜひ美味しいものを食べようと気を取り直し、徒歩でロープウェー乗り場へ。15分ほど海沿いの国道を歩くと山麓駅に到着。

ロープウェーから見た景色。山頂駅まで5分くらいです。

f:id:grenelle165:20141109025529j:plain

すぐに展望台へ。目下に金谷港。対岸の三浦半島もはっきりと見えます。残念ながら、その向こうは完全にかすんで、富士山はまったく見えませんでしたが、浦賀水道を行きかう船。南側の街並みと南房総の海岸線、館山方面の山並みがはっきり見え、素晴しい景色でした!

f:id:grenelle165:20141109025818j:plain

f:id:grenelle165:20141109025848j:plain

f:id:grenelle165:20141109025923j:plain

 鋸山には「日本寺」というお寺があり、奈良時代に行基によって開かれたといわれています。展望台でかなりのんびりしてしまったので既にあまり時間がなく、拝観するか迷いましたが、せっかく来たので、とりあえず、有名な「地獄のぞき」まで行くことにしました。

展望台からの山並みの眺めは良かったですが、「地獄のぞき」は名前ほどスリリングではなかったです。

f:id:grenelle165:20150707014736j:plain

ロープウェーの終電まであまり時間がなかったので、大仏など他の見所はあきらめ、もう一度、展望台へ戻りました。

ちょうど日も傾きかけて、少し前に眺めた南房総の海岸線も、船が行きかう浦賀水道も、また違った雰囲気を見せてくれました。

f:id:grenelle165:20141109030324j:plain

ネコ。山頂駅に住みついているのでしょうか。

f:id:grenelle165:20141109030433j:plain

下りのロープウェーから見た景色。

f:id:grenelle165:20141109030513j:plain

金谷港の夕焼け。

f:id:grenelle165:20141109030610j:plain

港手前の回転寿司でアジを頂きました!

f:id:grenelle165:20141109030700j:plain

内房線浜金谷駅で。

f:id:grenelle165:20141109030745j:plain

帰りは内房線から総武線快速を乗り継ぎ、東京湾をゆるゆると一周して帰宅しました。

今回は当初の目的だった、船に乗ることと、南房総の山と海岸線の美しい景色を十分に堪能することができました!

これで富士山や伊豆諸島がみえたら最高でしたが、鋸山、関東でも屈指のビューポイントと思います。

一方、食事は、ユッケジャンや回転寿司は美味しかったのですが、若干、戦略ミスで、焦点がずれてしまった観があります。やはり、事前の下調べは大事ですね。

次はこの教訓を生かして、乗り物・景色・グルメの三点セットをしっかり制覇したいと思います!