読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

grenelle165's blog

ふと考え、感じたことをできるだけ素直に綴りたいとおもいます

人生初の砂蒸し風呂 in 埼玉

先週末、以前から行きたいと思っていた、埼玉の砂蒸し風呂に行ってきました!

上野からJR東北本線宇都宮線)で久喜まで50分~1時間。久喜からはタクシーで、砂蒸し風呂のある「天然温泉 なごみ」に到着。日曜日はバスが出ておらず、タクシーで行きました。(約10分、1,000円。ちなみに、行きも帰りも運転手さんがフレンドリーでした。タクシー会社の企業努力か、お人柄か、あるいは土地柄でしょうか・・・)

天然温泉 森のせせらぎ なごみ-砂蒸し風呂がある久喜の湯処-

入浴料は一人750円で、砂風呂は別途750円でした(受付で砂風呂の時間を予約します)。

砂風呂は露天風呂の奥にあり、予約の時間に行くと、はつらつとしたお爺さんが、ここでもフレンドリーに出迎えてくれました。

初めてなのに「いやー、久しぶりだね。元気だった?」

わたしもつられて「10年ぶりですね~」

と、こんな感じです。

砂の上に横たわると、お爺さんがショベルでずんずん砂をかけてくれました。砂の重みがずっしりと全身にかかります。砂は大粒、薄茶色か白っぽい色で、キラキラと輝くとてもきれいな砂でした。(後で聞いたら、群馬県の沼田の砂だそうです)

砂をかけながら、お爺さんは、ゆっくりしてってくれ、でもくれぐれも無理しないように、我慢しにきたんじゃないんだから、と声をかけてくれました。それだけで心が少しほどけていくような気がします。

時間は20分。熱さで1分もたたないうちに汗が噴き出してきました。砂の重みで、自分の体が脈打つのがはっきりと伝わってきます。

体が芯から温まっているためか、汗はどんどん流れてきます。お爺さんは「時々汗を拭きに来るから」といいつつ、女性側(男性側とは莚で仕切られています)で、常連さんや私の妻としきりに談笑していて、なかなかこちらにきてくれません・・・笑。終了間際になってようやく拭きにきてくれました。

結局、25分ほどたってから、腰やかかとが少し熱くなってきた(低温やけどをすることもあるようなので要注意です)ので、もう一人のおじさん(大人しい方でした 笑)に声をかけ、砂を払ってもらいました。

それから外で水を一杯いただいてから終了。

砂蒸し風呂は、体が温まるのが非常に早いうえに、体の芯からすぐに温まれるので、効果的に汗をかくことができます。長い時間は体力的にちょっと難しいかもしれませんが、とにかくしっかりと温まれるので気持ちがいいのと、しっかり汗を出した後は、何より、体が軽くなる実感があります!

それから、あの、お爺さんの明るいキャラクター。「ゆっくり」「無理しない」など、普段はなかなか聞けない(自分でも忘れがちな)言葉をかけてくれるだけで本当に癒さます。

かけるのは「砂だけじゃない」んですね。。。

都心からはちょっとかかりますが、定期的にリピートしたいと思えるいい砂風呂でした。

f:id:grenelle165:20141102015549j:plain

 

いつか、別府とか指宿とか、日本全国の砂風呂にも行ってみたいです!