grenelle165's blog

ふと考え、感じたことをできるだけ素直に綴りたいとおもいます

「和風総本家」を見て感動

昨日、少し早めに帰宅して久々にテレビを見ました。

テレビ東京の「和風総本家」という番組です。

http://www.tv-tokyo.co.jp/index/txn/

感動してしまいました・・・

日本の職人さんが手作りで造った質の高い製品(道具)が、海外の職人に使われているというテーマで、市川の岡製作所さんというレザークラフト用工具メーカーの工具を、スペインの革職人が革に穴を開けるのに重宝して使っていたり(他の工具とは使いやすさが全然違うそうです)、志摩の理容バサミメーカーが人づてにフランスのMobilier Nationalという国家機関(文化財の修復や伝統的製法で新規の製造を手がける)からじゅうたん用の特殊なはさみを受注して、これも喜ばれて使われている・・・という例が紹介されていました。フランスのほうは、2年前に責任者のおじさんがはるばる日本まではさみを造ってくれるメーカーを探しにきて、その時は見つからなかったのですが、お店の人がその理容バサミメーカー(確か太田鋏製作所さんだったと思います)に造れるかどうか持ち込んできたのがきっかけで、チャレンジすることにしたそうです。

番組では、日本のメーカーの製造風景をユーザーに画像で見せたり、ユーザーから日本のメーカーに感謝のビデオメッセージが届けられるのですが、造る側と使う側、職人同士がお互いの仕事を尊敬しあっている様子が伝わってきて、思わず目頭が熱くなってしまいました。

情熱を持って日々、一生懸命仕事をし、いいものを世の中に出して、そのことで思いもよらなかった人とのつながりが生まれていく。

日本のものづくりの質の高さもさることながら、しっかりとした素晴しい仕事をすることで、思いもよらぬ形で、思いもよらぬような人と(時空を、距離を越えて)つながることができる。

この、「つながる」というのが、おそらく私にとっての感動のつぼだったのだと思います。

自分も、そのような感じで、仕事を通じて世の中に貢献し、そのご褒美として多くの人とつながることができたら・・・と強く感じました。