grenelle165's blog

ふと考え、感じたことをできるだけ素直に綴りたいとおもいます

カトリック由比ガ浜教会の紫陽花とアルベルト神父

梅雨の季節、私の生まれ故郷の鎌倉でも彼方此方の街角で紫陽花(アジサイ)が花開きます。

先日、時間ができたので、ふらりと鎌倉を訪れました。

私は大町二丁目の生まれ育ちで、今も時々訪れる際の所用は大体その近所です。海に行くといえば材木座ばかりなので、由比ガ浜方面はあまり詳しくありません。

そこで今回は、「たまには鎌倉で行ったことのないところに行ったら?」という妻の一言もあり、何となく、由比ガ浜方面に足を伸ばしてみました。

詳しくないといっても、もちろん、大仏方面まで続く由比ガ浜通りは数え切れないくらい通りましたし、六地蔵の辺りはおなじみですが、通りを一本入ったことは今までほとんどありませんでした。

そんなわけで、今日は路地裏に咲くアジサイをカメラに収めようか・・・ということで、ふと気になったわき道に入ってみると、ほどなく教会が見えてきました。

f:id:grenelle165:20140620004525j:plain

どことなく、ヨーロッパの教会を思わせるたたずまいに惹かれ、敷地内に入ると、おっと、裏手にアジサイが!

Le temps d'hortensia

f:id:grenelle165:20140620004622j:plain f:id:grenelle165:20140620004751j:plain

教会内部もなかなか本格的で、正面のイコンやステンドグラスなど、まるで南欧の教会に入ったような雰囲気。

f:id:grenelle165:20140620005026j:plain f:id:grenelle165:20140620005109j:plain

小鳥のさえずりが聞こえる静かな教会でしばらくゆっくりしたいと思い、どこに座ろうか迷っていると、前方に座っていた男性が気配に気付いて立ち上がり、柔らかな笑顔で私の方に歩いてこられました。

お話したところ、その方は教会の神父さんで、ミラノ出身のアルベルト神父でした。神父は、教会は昨年創立100周年を迎えたこと、自身は静岡から移ってこられたこと、日曜のミサ以外にもイタリア語教室や、キリスト教の勉強会、オペラや聖歌、聖人、「世界の宗教と政治」「聖地と巡礼」「日本人の宗教心」など一連のテーマを『新たな世界発見の旅』と称し勉強会を開いていることなど、流暢な日本語で丁寧に教えてくださいました。

私も、今は大田区に住んでいるが元は鎌倉出身であること、以前フランスに住んでいたときにイタリアを何度も訪れたことなど、簡単に自己紹介して、是非、また立ち寄りたいとお伝えし、握手してお別れしました。

この教会に来たのは初めてですが、とても良い雰囲気で、完全に気に入ってしまいました!

教会の後は、由比ガ浜まで足を伸ばし、由比ガ浜通りに戻ってから4月にオープンしたという話題のライブラリーカフェで一休み。BGMはフレンチラップ!店員さんも気さくに話しかけてくれて楽しい時間を過ごすことができました。

 f:id:grenelle165:20140620005359j:plain f:id:grenelle165:20140620005447j:plain

House Yuigahama

鎌倉市由比ガ浜1-12-8

http://utrecht.jp/?p=10568

わずかな滞在時間でしたが、本当にいい午後になりました!