grenelle165's blog

ふと考え、感じたことをできるだけ素直に綴りたいとおもいます

しっとりと厳かな鹽竈神社

先週末、ふと思い立って仙台に行きました。前に働いていた職場の同僚に会いに行くためでしたが、せっかくなので、一泊して塩釜にある鹽竈神社に行くことにしました。

なぜ今、鹽竈神社なのか・・・?理由は特にありません!(笑)強いて言うなら、仙台から比較的近かったことと、奈良時代からの由緒有る神社であること、神社のホームページを見てどこか凛とした空気を感じたのが理由でしょうか。

http://www.shiogamajinja.jp/

その週末はちょうど東日本に低気圧が覆いかぶさっていて、この日も厚い雲に覆われたどろりとした一日でした。昼下がりの塩釜はかすかな霧雨。仙石線本塩釜駅を出て、そのまま徒歩で神社へと向かいました。

東参道方面の鳥居

f:id:grenelle165:20140616131206j:plain

霧がかった木立の向こうに神社が見えます。このみずみずしい空気感は梅雨ならではですね。

f:id:grenelle165:20140616131329j:plain

拝殿

f:id:grenelle165:20140616131511j:plain

境内の雰囲気

f:id:grenelle165:20140616131605j:plain

表参道方面

f:id:grenelle165:20140616131729j:plain

境内全体が古代を思わせる奔放な木立に囲まれ、しっとりとした落ち着きのある、非常にいい風情の神社でした。

隣の志波彦神社にも立ち寄り「茅の輪守」を購入。帰りは奈良時代からの歴史があるという七曲坂を下って境内を後にしました。

f:id:grenelle165:20140616131850j:plain

今回は神社参拝だけの短時間の滞在で、主祭神塩土老翁神を祀った別宮は工事中で参拝できなかったので、いつかまた来たいと思います。塩釜には「浦霞」の蔵元など見所ももありますので、また改めてゆっくり訪れたいと思います。

http://www.urakasumi.com/

 塩土老翁神:塩のエネルギーが持つ強烈な浄化作用で、思い込みや自己不信を払うのを助けてくれるようです(大野百合子著「日本の神様カード」p46(塩椎神)より)。  

日本の神様カード

日本の神様カード