grenelle165's blog

ふと考え、感じたことをできるだけ素直に綴りたいとおもいます

お酒

スロヴェニアのカベルネ・ソーヴィニヨン

スロヴェニアの赤ワインを開けてみました。 これは、2008年の5月にスロヴェニアを旅行したとき、首都リュブリャーナのワインショップで、店員さんの「これは美味しいぞ」という強い勧めで買ったものです。 ミレジムは2006年なのでもう9歳。一概には言えない…

ヴィーニョ・ヴェルデの季節再び

蒸し暑い・・・朝晩は涼しいのが救いですが。 梅雨って、なぜ「梅の雨」って書くんでしょうか。なんだか雨が酸っぱそう・・・ と、つまらない連想をしながら、今年もヴィーニョ・ヴェルデの季節がやってきました! 以前にも一度書きましたが、ヴィーニョ・ヴ…

ポルトガル、アレンテージョ地方のワイン飲みくらべ

最近、ずいぶんと暑くなってきました。 5月下旬で早くも真夏日となると、今夏の暑さが思いやられます。一方で、夏に合うワインを探すのも楽しみになります! 以前、暑い夏にぴったりのワインということで、ポルトガルのヴィーニョベルデのことを書きましたが…

素晴らしき マテウス ロゼ

妻がネットでマテウス ロゼを買ってくれました。 MATEUS ROSE Sogrape,Vinhos de Portugal.SA Vinho Regional Beiras 以前飲んだときは、微発泡でほんのり甘口、という以外はあまり印象に残りませんでしたが、久々に飲んでみると、軽い炭酸がとても生き生き…

ガスコーニュの白はスッキリ辛口でもやわらかな味わい

今日はギターのレッスンの後、途中の駅で一時下車。ラーメンでも食べようかと思いましたが、どうしてもワインも飲みたくなり、KALDIで辛ラーメン(税込105円!/一袋)と白ワインを購入。 ちょっとあり得ない組み合わせです 笑 ま、それはよしとして、まずは…

サンセールの白ワイン、酸とミネラル、果実味のバランスが光る

11月も上旬が終わり、そろそろ寒さも本格的になってくる頃です。これからの季節、ワインは赤のほうが気候にも料理にもなじみやすい気がしますが、このところ、何故か赤ワインよりも白ワインのほうが好きというか、飲みやすく感じることが増えてきました。 ハ…

日比谷公園でドイツビールを味わう!

少し前ですが、9月23日、日比谷公園で行われた「日比谷オクトーバーフェスト」に行ってきました。以前、仕事帰りに一度来たことがあったので二回目の参加です。 この日は昼過ぎまで用事があり到着は午後3時過ぎ。少しずつ人も減ってくる時間帯かと思いました…

猛暑だった2003年のSavigny-les-Beaune、甘さが香る

先週、苦心の甲斐あってとてもいいことがあったので、ささやかなお祝いにブルゴーニュの赤ワインを頂きました! Savigny-les-Beaune 1er Cru "Aux Vergelesses" 2003 Simon Vize et Fils 色は少し黒味がかった色合い。11年経っているので縁はほんのりとレン…

シュタインベルガーのアウスレーゼ、四半世紀の味わい

昨日、夕食後に妻が料理関係の友人からプレゼントされたという、ドイツの甘口白ワインをいただきました! ミレジム(製造年)は1989年。25年ものです。 ドイツワインの格付けは、基本的に「畑」を基準とする欧州の他国のものと違い、使用するぶどうの糖度と…

BASS PALE ALEを飲んで個性派ユーロピアン・ビールに思いをはせる!

東京は今日も暑かった・・・仕事も不安要素や膨大な伝票集計の作業がてんこ盛りで、お昼もとる暇もなく、一日中、心身の緊張が解けませんでした。しんどい・・・ 平日は基本的にお酒をやめているのですが、今日ばかりはほっと一息つきたいと、昨日KALDIで買…

猛暑の週末をヴィーニョ・ヴェルデで乗り切る!

今日は酷暑。外出の帰りに、途中駅の商店街にあるイオンリカーで、前から気になっていたヴィーニョ・ヴェルデ(Vinho Verde)をゲット! ヴィーニョ・ヴェルデはポルトガル北部で生産される微発泡の若飲みワインで、その名もまさに「緑のワイン」。グレープ…

Touraine の自然派ワイン

三連休も終わり、明日から4日間、また頑張ろうという思いをこめて、今日の夕食ではフランス・ロワール地方、Touraine(トゥーレーヌ)の白ワインをいただきました。 Touraine <Vin Cœur Vin Cul>2013 Puzelat - Bonhomme これは昨日、新宿伊勢丹の”Festivin”で購入したもので、</vin>…